新着情報

あんしん市場認定店の声

 

あんしん市場 ゲンバの声 イメージ 

  

 

  道の駅 仁保の郷 駅長 田中義治 様 にお聞きしました!

- いろどり豊かな村づくり と 道の駅のこれから -

道の駅仁保の郷は、15年前に先人達が「仁保に道の駅を創りたい」との一心で創設した駅である。現在は直売所「いろどり市」をはじめとして、各種サービスを充実し、現在では年間約66.6万人の方に利用いただいている。
 
仁保は山口の中山間地域に位置し、何もしなければ山口市と徳地をつなぐだけの通過点となっていたかも知れない。そういった点では、仁保という地域の活性化に貢献できているのではないかと感じている。 

 一方、お客様からは、直売所で販売する商品道の駅 仁保の郷 外観は新鮮ではあるが、安心・安全面が不安との声もある。道の駅仁保の郷としては、生産者への意識づけ、農薬の使用履歴管理などにより安心・安全に対する取り組みを行っている。また、「あんしん市場サポートシステム」を利用し、年間計画を組んで定期的な残留農薬検査を自主的に行い、農家の方々や従業員の安心・安全に対する意識をさらに高め、お客様により一層安心してお買い物をしミニノボリていただけるよう努力している

  万が一、どこかの道の駅や直売所で、残留農薬違反などの事故が起こった場合、道の駅全体として消費者からの信頼は落ちると思う。そういったことの防止についても、これからは考えていきたい。

有限会社仁保の郷 代表取締役
道の駅仁保の郷 駅長  田中 義治

山口市 仁保出身

道の駅の駅長を続けられながら
山口県道の駅交流会の代表を務められている。

道の駅 仁保の郷 ホームページ あんしん市場認定 道の駅 仁保の郷ホームページ  

 

  

 

 

 

 

« »